--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.11.24 *Thu

3, 4歳児と観れるミュージカル(2) オズの魔法使い

さて、今日は邦題「オズの魔法使い」でおなじみ、
The Wizard of Ozのミュージカルのことを書こうと思います。


2.The Wizard of Ozのマチネ

映像を駆使していて、子供にも大人にも楽しい内容で、
スタートしたばかりのミュージカルだけど、好印象でした。
特に印象に残ったのは、竜巻のシーンと西の悪い魔女、迫力満点です☆
Professor Marvel(=オズ)もとてもいい味を出していました。
初代ファントムを演じた人のようです。

さて、普通の子は怖がる西の悪い魔女のソロシーン:"Red Shoes Blues"
野太い声と迫真の演技は、本当に吸い込まれるものがあり、息子も大興奮!
こう見えて、けっこう若い人が演じていたことにも2度ビックリ。



ただ、残念なのはドロシー役のダニエラ。
歌はいいけど、本当にほんとうに、演技が超下手なのです。
他の役がうまいだけに、彼女の余裕のなさとぎこちなさが際立ちます。

代役で週1・火曜にしか出ないソフィーが演ずるドロシーの方が上手だと聞き、
さらに、ダニエラが長期休暇を取るため、マチネでもソフィーが見れると知り、
半信半疑で、観に行った2回目。・・・噂は本当でした。

歌は、好みもあると思うけど、ソフィーもうまい。
ドロシー役のオーディションをやっていた頃のソフィーは、化粧がケバくて
全くドロシーのイメージではなかったけど、それも一変。カワイイ女の子になっていました。
しかもダニエラの方がおばちゃん(年不相応)に見えるという意見で旦那と一致(笑)

と、ソフィーを絶賛したけど、それでもMamma Mia!やThe Phantom of the Operaなどの
訓練され洗練された人たちが演ずるミュージカルと比べると物足りないのは否めません。

The Wizard of Oz Musicalの作曲・編曲家であり、オペラ座の怪人の作曲家でもある
Andrew Lloyd Webber。オペラ座の怪人25周年コンサートに登場した彼が、
クリスティーンを演じた人に向かって「あなたはドロシー役になれる!」と言ったそうです。
ドロシー役にしておくにはもったいないほど、演技力もあり、美しい歌声の持ち主の彼女。
彼自身、ドロシー役に満足していないのかな、と解釈したわたしです。


ともあれ、それでもオズの魔法使いは見ごたえのある内容には変わりありません。
一見の価値がある、オススメミュージカルの一つです。

ちなみに、おすすめの席は、日本で言う2F席前方。
下から見上げるより、上からの方が、舞台もダンスも綺麗にまとまって見えます。
また、小さい子には、Booster Seat(クッション)が配られます。
数に限りがありますので、混むことが予想される日はお早めに。


The Wizard of Oz http://www.wizardofozthemusical.com/


次回は、The Sound of Musicのミュージカルについて書こうと思います。

****************************************************
追記:

残念ながら、一番大好きだった迫力のある魔女役が9月4日で変わっているようです。
最初にミュージカルを見たのが9月3日。2回目を見たときには変わっていたんですね。
2回目の魔女、迫力に欠けるし野太い声も出ていないし演技もちょっと違ったし…
気にはなったけど体調悪い日もあるよね、なんて旦那と話していたんですが。
中身が変わっていたとは・・本当に残念。


さらに追記(笑):

あまり良いしめくくりじゃなかったので、
味のあるProfessor Marvelのシーンを載せておきます。
この方も、本当はやめる予定だったとかなので、いつ変わるかわかりませんが。


あとキラキラすてきなグリンダのシーン。(とぎこちないダニエラのドロシー 笑)

COMMENT

違和感
ドロシー役ダニエラの演技の良しあしはおいておいて、
なぜ彼女に違和感を感じるかが、やっとわかりました。

ドロシーは、本来貧しい家庭に生まれ、父も母もおらず、
毎日が楽しく思えず悩み憂える女の子なのです。

だけど、ダニエラは、整った顔をしていてふくよかでリッチな「女性」
という印象をどうしても抱いてしまいます。そこが違和感の原因のようです。

美しいけど、負のオーラを持つ女の子。
まさにオペラ座の怪人25周年記念コンサートに出たクリスティーン役がそう。

君はドロシーになれる!と言ったAndrew Lloyd Webberの気持ちがなんだか分かる気がしました。

2011/11/24(木) 20:25:04 | URL | ぴろまま♪ #- [Edit
こんにちは、お久しぶりです!
ゆうくん、元気にNurseryに通ってますか?
うちの姫もようやく日本の幼稚園になじんできました♪

『Wizard of OZ』、我が家も帰国直前に見に行きました。
姫は怖がりまくり、後半、目をつぶってパパのひざに伏せているうちに…寝てしまいました(--;)
『Mamma Mia!』をもう一回見に連れて行った方がずっとよかったなぁ…と思いましたよ。ゆうくんは楽しめるなんてすごいですね~。
西の魔女、変わっちゃったんですね。それは残念。。。でも姫にはそっちの方がいいのかな。
2011/11/24(木) 22:58:04 | URL | yumiko #- [Edit
Re: タイトルなし
お久しぶりですe-241コメントありがとうございます♪

お陰様で元気いっぱいの息子です。
最近、息子と同じくらいの年齢の男子(日本人)が増えて、さらに楽しいようですe-291
生活も落ち着いた頃でしょうか。姫ちゃんも、慣れてきたみたいで良かった☆

The Wizard of Oz、普通はコワイですよねぇ。大人でも怖いですもん(笑)
息子は、なぜか平気みたいで。クモとか触るのはダメなくせに!!(私も触れませんが)
西の魔女、変わっちゃったけど、コワイのに変わりはないかもしれないです・・。
Mamma Mia!良いですよね。何度見ても楽しいミュージカルですe-266



2011/11/25(金) 04:46:58 | URL | ぴろまま♪ #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

ぴろまま♪

ぴろまま♪
2010年春から、ロンドンに滞在することになった子育て奮闘中のママ。私生活の細々や息子の通うlocal Nursery、国内・海外旅行のことなどなど、書き綴っていこうと思っています♪



ランキング

ランキングに参加しています~★
ポチっとしてもらえるとうれしいです♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ




お知らせ

日本のパン屋 tetote factory @ Wembleyの内容に情報を追記しました。
2011.11.14







メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
Copyright © ぴろままのひとりごと in London All Rights Reserved.
ランキング集計結果 テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。