This Category : ロンドン 家の探し方

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.03.09 *Wed

ロンドン 家の探し方 入居後の注意編

ロンドン 家の探し方 最終回の今日は、インベントリーチェックと
入居後の注意について少しばかり書いておきたいと思います。

気になる家が決まったら、いよいよ入居、新生活のスタートですね。
入居する前に、インベントリーチェックという最終段階があります。

インベントリーチェック

家の現状を細かくチェックして記録しておきます。
退去時に壊れたり汚れたりしている所があれば、弁償の対象になります。
お金がかかりそうな所は特に、目を皿にしてにチェックしましょう。

気難しそうな大家さんであればある程、念入りに写真も併せて残しておきましょう。


入居後の注意

・ライムスケール
日本と大きく違うのが、水。
石灰分を多く含んでいるロンドンの水は、Limescale(水垢)がひどいです。
目に見えるシンク以外にも、トイレ・風呂・洗面所などの排水溝もライムスケール
対策が必要です。対策を怠ると、配管が詰まり、故障の原因になります。
対策を怠って詰まらせた場合、借主の責任になり、退去時に弁償の対象になります。

ライムスケール対策用品に関しては、コチラにまとめてあります。


・冬の暖房管理
冬場、数日間家を空けるときは、必ず弱めに暖房を入れたまま出かけましょう。
寒さで配管が凍り、破裂すると、家中が水浸しになります。


さて、ロンドン 家の探し方 全4回は以上です。
また何か思いつけば、訂正したり書き足すこともあるかもしれません。

初回にも書きましたが、個人の経験として知っている範囲で書きましたので
情報をうのみにせず、参考程度に見て頂ければ幸いです。
スポンサーサイト

2011.03.07 *Mon

ロンドン 家の探し方 内見のポイント編

気になる家が見つかったら、今度は実際に見に行かないといけませんよね。
ロンドン 家の探し方 3回目の今日は、内見のポイントについて書きたいと思います。

1)メモ&カメラを用意する
一度にたくさん物件を見るとどの家がどうだったのか、忘れてしまいます。
気になるポイントを一覧表にしたメモ紙とカメラを持っていき、後からでも
思い起こしやすいようにしておきましょう。


2)チェックポイント
チェックポイントはたくさんあると思いますが、特に気を付けて見た方が良い
ポイントを挙げておきます。

水まわり
 ロンドンは、古い家が多いので水まわりがしっかりしているかきちんと確認しましょう。
 ここがしっかりしていないと、入居後トラブルが起きやすいことが予想されます。

ボイラー
 大きく分けて、瞬間湯沸かし器とタンクの2種類があります。
 瞬間湯沸かし器の場合、いつでも好きな時にお湯が出てきますが
 タンクが備え付けてある場合、その大きさが重要になります。
 あまりにも小さいと、2人目がお風呂に入るまでに1時間待たないと
 お湯が出なかったりします。

セキュリティー
 一軒家のお家には、大体アラームが取り付けてあるのですが、
 中には市販の警察と繋がらないタイプのアラームもあります。
 警察とコネクトしたい人は(別料金でお金がかかると思いますが)
 アラームの種類もチェックしましょう。

室内の体感温度
 ロンドンの冬は、寒くて厳しいです。
 暖かい日に、室内に入ってヒンヤリしたら要注意。
 冬は暖房を入れても寒さで凍える可能性があります。
 冬寒かったので引っ越した、という話を聞いたこともあります。

備え付けの家具
 何があり、何が無いのか、細かくチェックした方がいいです。
 足りないものがあれば、何でも相談してみましょう。
 もしかしたら、買い足してくれるかもしれません。

収納力
 洋服ダンス・食器棚・風呂場など、至る所の収納力もチェックしましょう。
 船便の荷物が届いてから大変なことになります。
 収納力に不安があれば、相談して見るのもいいと思います。
 何かしら買い足してくれるかもしれません。

お隣さん
 日本でも最近増えてきているかもしれませんが、イギリスでは
 他人同士が同じ家をシェアして住んでいるケースもたくさんあります。
 若い人たちでシェアしている場合は、要注意。
 夜遅くまでパーティーして騒ぐこともあるかもしれません。

駐車場
 ロンドンでは、どこにでも駐車していいわけではないうえに、駐車場がない
 家もたくさんあります。駐車場が無い場合は、路上に止められる契約をする
 必要があります。運転に慣れない方は、駐車場の止めやすさ、出やすさにも
 配慮した方がいいかもしれません。

夜の顔
 ロンドンには、日本ほど街灯が無い気がします。
 気に入った家があれば、夜も歩いてみて、人通りや明るさなどを確認するに
 こしたことはないと思います。


管理人
 チェックポイントで、一番大事なポイントです。
 管理人の人柄で、滞在中の快適さが左右されると言っても過言ではないほど
 重要なポイントです。

 管理人は、時と場合によって不動産だったり大家さんだったり、様々ですが、
 重要なのは、当該物件に対して一番権限を持っている人です。

 その人が、ケチだったりガンコだったり、対応が杜撰だったら…
 気に入った物件であっても諦めるか、入居後のバトルを覚悟した方が良いと思います。

 見極め方は、意外と簡単です。
 まずは、不動産の内見担当者に、入居後誰が管理をすることになるか聞きましょう。
 そして、少し無理なお願いや質問をいろいろしてみましょう。

 たとえば…
 ・問題が起きた時の対応は、早いか、どれくらいかかるか
 ・入居後、どれくらい融通がきくか
  ex.使ってみて、いらない家具があった場合、もっていってもらえるか
 ・カーペットは嫌なので、フローリングにしてもらえないか

などなど。

 ちなみに、ボイラーが壊れて数週間放置されたとか、
 約束した日に来ないとか、契約している庭師が全然来ないとか、
 よく耳にする話です。

 参考までに、うちの契約事情を少しばかりお話します。
 我が家は、Kyo Serviceと契約を結んでいますが、とてもいい不動産です。
 まず、対応が早いです。鍵を忘れて閉め出された時は、20分ほどで来てくれました。
 相談すれば、何でも親身になっていい手を考えてくれます。

 ですが、最近では、Kyo Serviceを仲介せず、大家さんと直接やり取りしています。
 正確には、大家さん直属のなんでも屋さんなのですが、さらにリスポンスが早いです。

 ブレーカーが飛んでアタフタした時も、日曜日だったのにすぐ来てくれました。
 イギリスでこのスピード感は、とても、非常に、ものすご~く稀だと思います。 

 参考までに、入居前と入居後に私がお願いしたことを挙げておきます。

 入居前にお願いしたこと
 ・日本から皿を持ってきたので、ついていた食器類を全部取っ払ってもらった
 ・スタディールームにあるベッドはいらないので、取っ払ってもらった
 ・その代わりに、勉強机とイスをもってきてもらった
 ・その他、使いそうにない棚や子供が壊すと困りそうな家具を取っ払ってもらった
 ・庭師の代金と警察にコネクトするセキュリティー代金を家賃込みにしてもらった
 ・ハゲ庭だったので、芝を植えてもらった
  (正確には、少しトラブって、入居後、けっこう月日が経ってから植えてもらいましたが)
 ・カーテンを、遮光カーテンにしてもらった
 ・家具の配置換えをお願いした

 入居後にお願いしたこと
 ・旧式のトイレを新しいトイレに変えてもらった
 ・物が壊れた時の対応(けっこう色々と壊れるんです
 ・入居後に気付いた、不具合の対応
 ・壁掛け用のフックの取り付け

また、大家さんがどういう人かも入居後融通効くかどうかの大きなポイントになります。
たとえば、個人で数件持っている大家さんであれば、家具類を一部いらないと言っても、
しまう場所に困るのでできないといわれる場合もあります。
逆に、投資物件として数多く物件を持っている大家さんであれば、別の空き物件のものと
交換してもらえたりすることもあるかもしれません。(我が家は後者に該当します)


少しばかりのつもりが長くだらだらと書いてしまいましたが、
取りあえず気になることはなんでも聞いてみた方がいいと思います。

次回は、インベントリーチェックと入居後の注意について書こうと思います。

2011.03.06 *Sun

ロンドン 家の探し方 日系不動産編

ロンドン 家の探し方 2回目は、日系不動産について書きたいと思います。

私の場合、余り英語が得意ではなかったため、日系不動産しか見ていません。
英系不動産に関しては何も情報がありませんので、悪しからず。

日系不動産の有名どころは、下記のようなところがあります。(順不同)

1. London Tokyo Property

2. JAC

3. Japan Homes

4. Japan Service 

5. 鈴与興産

6. Kyo Service
   
個人的には、5,6の鈴与興産とKyo Serviceがオススメです。
鈴与興産はhome pageにも書いてありますが、全て自社物件のため、
ヘンテコな大家さんに当たって色々交渉が面倒になる、なんてこともなさそうです。
日本人学校周辺に物件をたくさん持っていて、全物件にSECOMがついています。

Kyo Serviceは、アフターサービスと対応の早さがオススメです。
Home pageに書いてある通り、主婦の視点で色々考えてくれます。
ただ、物件数はあまり多くないと思います。

Japan Serviceは、West Acton地域に強く、物件を多く持っています。
少し癖のある(好き嫌いがはっきり分かれる)不動産だと思います。

JACはロンドン北部(Finchley Central, Golders Green周辺)に強いようです。
これらの地域を回った時に頂いた資料が、とても分かりやすくて良かったです。

ちなみにJACのエリアガイドJapan Homesの物件タイプ一覧は一読の価値が
あるかもしれません。

その他は、無難な不動産だと思います。

ただ、家を決めるにあたって重要なのは、実は不動産ではなく、
入居後物件を管理する人だったりします。詳しくは、また次回。


ということで、次回は、内見のポイント編を予定しています。
どうぞお楽しみに~

2011.03.05 *Sat

ロンドン 家の探し方 エリア編

駐在員ご家族の皆さんにとっては、出会いと別れの季節になってきましたね。
その影響でしょうか、最近ちょこちょこと駐在のことでお問い合わせいただくようになりました。

そこで、いつか書きたいと思っていた家探しについて、何回かに分けて書こうと思います。

あくまで、個人の経験として知っている範囲で書きますので、情報をうのみにせず、
参考程度に見て頂ければ幸いです。

----------------------------------

さて、初回は「エリア」の話。

ロンドンと言っても、広いですよね。
なので、まずどこに住みたいか、だいたい決める必要があります。
家族構成に寄って、どこに住みたいか大きく変わって来ると思いますが
私が知っている範囲で日本人に人気のエリアを紹介したいと思います。


1)日本人が一番多く住む地域、Ealing&Acton
 地域: ロンドン西部
 日系の学校: ロンドン日本人学校、前田学園アクトン校、ロンドン文化幼稚園
 日本食材店: Atari-yaTK TradingJapan Centreなど
 日系病院: グリーンメディカル アクトン分院

 日本人学校・日系幼稚園があることもあり、このエリアにはとてもたくさんの
 日本人が住んでいます。駅で言うと、North Ealing, West Acton, Ealing Common,
 Park Royalあたりでしょうか。これらの地域には、徒歩圏内に大型スーパーが
 ないため、車か交通機関を利用する必要があります。

North Ealing
 駅近くに日本人経営のセカンドハンドショップがありますが、とても高いです。
 日本料理屋MOMOもあります。West Acton駅まで徒歩圏内で、前田学園と
 ロンドン文化幼稚園の最寄り駅です。
 
West Acton
 駅前に日本食材店ATARI-YAがあります。
 前田学園、ロンドン文化幼稚園、ロンドン日本人学校の最寄り駅です。

Ealing Common
 駅から少し歩くと、ガソリンスタンド併設のTesco Expressというスーパーはありますが、
 日々の買い物をするには物足りないと思います。日本食材店Natural-Natural(高め)や
 日本料理屋きらくが駅近くにあります。ロンドン日本人学校の最寄り駅です。

追記 2011.04.06
 Ealing Common駅横にSainsbury's Localができました。
 近辺に住む人には、買い物が便利になります!!



Ealing Broadway
 TubeとNational Railの駅なので、とてもにぎやかです。
 駅すぐのところに、Ealing Broadway Shopping Centreがあり、
 たくさんのお店と、公立図書館やスポーツクラブも併設されています。
 

 
2)日本人に住みやすい地域、Finchley&Golders Green
 地域: ロンドン北部
 日系の学校: 前田学園フィンチリー校
 日本食材店:Atari-ya, Golders Green駅前にある日本食材店(店名忘れました)
 病院: ロンドン医療センター

 Ealing, Acton地区程ではないですが、ロンドン北部のこの地域にも、そこそこ日本人が
 住んでいます。Citiへの通勤や買い物の便がよく、コンパクトに生活ができる地域だと
 思います。さらに北のWoodside Parkにも、現地校へ通わせているご家族が住んでいると
 いう話を耳にします。

Finchley Central
 駅近くにTesco(大型スーパー)や、日本の子供向けの塾、日本料理屋だるまさん
 などがあります。前田学園フィンチェリー校の最寄り駅です。

Golders Green
 駅近くに日本食材店や日本料理屋、日本人向け託児付き英語学校(Exell,ELT )
 などがあります。駅前からは、いろんな行き先のバスが出ています。
 カフェや遊具を備えた大きな公園も近くにあり、そこでは、鹿や鳥なども飼っています。
 同じ沿線のHendon Centralには、大きなBrent Cross Shopping Centreや高歯科
 (土曜日だけ営業)があります。



3)その他の人気のある地域
あまり詳しくはないので、この当たりはさらっと。。

St John's Wood, Swiss Cottage, Finchley Road
 Jublie Line沿線のこの地区も、日本人に人気エリアです。
 単身者や子供のいない家族が住んでいることが多いというイメージがあります。
 St John's Woodには、日本クラブ 北診療所があり、Finchley Roadの駅前には、
 Waitrose(スーパー)やいろんなお店があります。

Richmond, Wimbledon
 高級住宅地とされる、ロンドン南部のRichmondやWimbledonも人気のエリアです。
 その分家賃も、高くなります。とても落ち着いた地域で、緑も豊かです。
 Wimbledonには、日本クラブ 南診療所があります。


   
エリア編は以上です。
次回は、日系不動産編を予定しています。お楽しみに~


プロフィール

ぴろまま♪

ぴろまま♪
2010年春から、ロンドンに滞在することになった子育て奮闘中のママ。私生活の細々や息子の通うlocal Nursery、国内・海外旅行のことなどなど、書き綴っていこうと思っています♪



ランキング

ランキングに参加しています~★
ポチっとしてもらえるとうれしいです♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ




お知らせ

日本のパン屋 tetote factory @ Wembleyの内容に情報を追記しました。
2011.11.14







メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
Copyright © ぴろままのひとりごと in London All Rights Reserved.
ランキング集計結果 テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。