This Category : コーンウォール地方

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.08.20 *Fri

コーンウォール旅行(4) Lanhydrock, Clevedon Pier

コーンウォール旅行最終日。
皮肉にも、4日間で一番暖かく、海水浴日和な日でした。

朝ごはん食べてすぐ出発するのはゆうくんが危険なので、
ホテルからすぐ近いNational Trust所有のGardenへ行きました。

■Lanhydrock
Lanhydrodk.jpg

中はとても広くて、庭と言うよりばかでかい公園のような感じで、
花々も綺麗に咲いていました。
Lanhydrodk garden

パパの腕に、ちょうちょもとまりました。
パパの腕に蝶々

林の中に、ちょっとしたプレイ・エリアもありました。
Play area

腰丈ほどの木々でつくられた迷路もあるみたいですが、遠そうなので断念。


帰途についた私たちが途中で休憩したポイントは、Clevedonという海が見える小さな町。
Clevedon.jpg

ここも綺麗なところでしたが、コーンウォールの海を見た後では物足りなく感じました。
ちなみに、写真↓は、Clevedon Pier。お金とるみたいです。が、閉まっていて中に入れずでした。
Clevedon Pier2 Clevedon Pier

そんなこんなで、無事、旅行は終了。


最近のイギリスは、もう半袖で過ごすには涼しすぎて、秋の気配が漂い始めました。
数か月後の冬が恐ろしいですね。夕方3時で暗くなるので、どこにも行けなくなりそう。

ということで(?)来週末はオーストリア・チロル地方へ旅行です。
オーストリアは、私にとっては懐かしいドイツ語圏。頭の中にだいぶ英語が入ってきて
良い感じでぐちゃぐちゃになってます。なのに、旦那に「ドイツ語任せたから」と、
プレッシャーかけられまくり

まぁ、あくせく観光するのではなく、ゆっくりしてきたいと思います。
スポンサーサイト

2010.08.19 *Thu

コーンウォール旅行(3) Minack Theatre, Land's End, Kynance Cove

3日目、今日はママの運転で出発です。まず最初は…

◎ミナック・シアター


ミナックシアター
入場料がかかりますが、絶景で気持ちがいいところでした。

すぐ横の下方に砂浜が見えたので、行くことに。
ミナック・シアターから崖を下れるようになっていましたが、
大人でも怖いゴツゴツした階段+強い風+3歳未満のちびっこがいたので、
別ルートで行きました。
ミナックシアター横の海岸

砂浜に着くと、早速遊び始めるゆうくん。砂だらけになりました。
ミナックシアター横の海岸で遊ぶちびっこ
海パンいっちょで海に入っているちびっこや大人がチラホラいましたが、
海につかるには、とても寒い気温です(25度下回っているはず)。
足だけ海に入ってみましたが、体全体が凍る感じがしました。


◎ランズ・エンド

次に向かったのは、イギリスの最西端、ランズエンド。
Lands End

中はちょっとしたテーマパークになっていて、無料で入れます。
プレイエリアや本物の船が置いてあって、子供には楽しそうなところでした。
Lands Endのテーマパーク?

Land's Endの標識。この横で撮ると£10とられるので、柵の外からパチリ
Lands End標識


◎キーナンス・コーブ

ここは、観光スポットとしてはマイナーかもしれませんが、
ある人のブログで絶賛されていたので、訪れてみました。

一瞬、息をのむほどの迫力のある海岸。絶景です。
キーナンスコーブ1

ゴツゴツした道、一歩先は崖です
キーナンスコーブ2
ちゃんと舗装された道もあるのですが、初めそれに気付かず、
途中まで怖い思いをしながら下りました

この海岸の魅力は、砂浜があること。
こんな大自然の岩肌に囲まれて、海水浴ができるんです。(寒いけど)
キーナンスコーブ3

遊び疲れて車で爆睡しているちびっこと、時間が5時半を回っていたこともあって、
今回は立ち寄るだけとなってしまいました。次回は、暖かい時に泳ぎに行きたいですね。

カフェもあるらしく、おいしいらしいです。
キーナンスコーブ4


◎Mount Haven Hotel&Restaurant
この日の夕飯は、空いていれば泊まりたかったホテルで食べました。
Mount Haven Hotel外観 Mount Haven Hotel外観2


このホテルから「セント・マイケルズ・マウント」が見えるんです。
Mount Haven Hotelから見たセント・マイケルズ・マウント

Barにあるソファーに座ってメニューを決めて、前菜が出来る頃に、下のレストランへ案内されます。
スタッフは、とてもチャイルド・フレンドリーでサービスも良く、食事もおいしかったです
Children's Menuもありました。

<前菜>
前菜1 前菜2

<メイン>
メイン1 メイン2

<デザート>リンゴ煮?、チョコのミルフィーユ、レモンチーズケーキ
デザート1 デザート2
デザート3


チョコのミルフィーユはクレープを想像していたこともあって、ちょっとイマイチ…。
でも、レモンのチーズケーキはとてもおいしかったですよ♪

【オマケ:夜の海に浮かぶセント・マイケルズ・マウント】
セント・マイケルズ・マウントの夜景

2010.08.16 *Mon

コーンウォール旅行(2) St. Ives、St. Michaels Mount、Padstow

滞在2日目は、まずホテルのことから。

今回滞在しているのは、ハイ・シーズンに直前でも空いていた
コーンウォール中心から外れたところで、Bodminにある
Lanhydrock Hotel and Golf Clubというホテル。
Lanhydrock hotel

名前から分かるように、ホテルの前にはゴルフ場が広がっています。
Lanhydrock hotel-golf

できて間もないこともあって、ホテルも部屋もとてもきれいで、
レストランのスタッフも、とてもチャイルドフレンドリーでした。
ネットの口コミ通り、満足度の高いホテルでした。

残念な点は、子供が食べられるメニューが少ないことと、観光名所
から少し外れている点。どこに行くにも、車で最低1時間かかるのは
時間がもったいなかったかな。


2日目、最初に訪れたのは、St.Ivesというかわいらしい港町。
たくさんの観光客が訪れていました。
セント・アイヴス
訪れた時はちょうど干潮時で、少しだけ砂浜で遊びました。

今日のお昼はココ!セント・アイヴスにあるパスティ屋さん。
コーニッシュ・パスティ in セント・アイヴス

パパがある人のブログでここのコーニッシュ・パスティがおいしいと
見つけたらしく、TraditionalとCheese味の二つを購入。とても大きいです。
コーニッシュ・パスティ

中には、肉やらジャガやらがギッシリつまっています。
コーニッシュ・パスティの中身

チーズ味も伝統的な味も、どちらも美味!でした。
イギリスに来て初めて、心からおいしいと思えるイギリス料理に
出会えた気がしました。とても大きいですが、二人と一匹で
ペロリと食べてしまいました。


次に訪れたのが、イギリス版モンサンミッシェルと言われてる
「セント・マイケルズ・マウント」。
セント・マイケルズ・マウント 干潮
写真(↑)に見えている石畳の道は、満潮時には水没するため、
船で行き来することになります。

近くから見たセント・マイケルズ・マウント(左)と、別途料金の
かかるガーデン(右)からみた海の景色。
セント・マイケルズ・マウント  セント・マイケルズ・マウントのガーデンから
今回は、National Trustのメンバーに加入したので、どちらもタダで入ることが出来ました。
※National Trustの加入料金は、大人2人で年間約£80かかります。
加入すると、National Trustの管理する施設が無料で利用できるように
なります。だいたい、4か所ほど行くと元が取れる計算です。

セント・マイケルズ・マウント 満ち潮
帰りは、道が水没していたので、船で戻りました。

セント・マイケルズ・マウントの崖をママ抱っこで登ったりして
疲れたはずのゆうくんは、近くにあった魅力的な公園を見つけ、
精力的に遊んでいました。
セント・マイケルズ・マウント 公園

この日の夕飯は、食事がおいしいことで有名なレストラン、Rick Steinのある
パドストウという町に行きました。あいにく、予約が取れなかったため、
今回はTake awayできるRick SteinのFish and Chips屋さんへ。

お腹がすきすぎて、店の写真を撮るのを忘れてしまいましたが、
行列ができるほど、店は賑わっていました。店内は、大量生産のように
揚げた魚がこんもり盛ってあって、正直、おいしそうには見えず(笑)

お腹は空いていましたが、夜遅くなったのと、食後のゆうくんの消化時間を
とても待っていられなかったので、車の中でいいにおいが立ち込める中、
ホテルに持ち帰りました。

そんなこんなで30分後に写真を撮ったため、湿気でChipsがふやけた感がありますが、
Rick Stein Fish and Chips

味はおいしかったです。一番おいしかったのは、Batterd Oyster。
揚げた魚の衣も、サクサクしていました。(Chipsはふやけてましたが
でも、イギリス料理全般に言えることかもしれませんが、
また食べたい、とまでは思いませんでした(笑)
レストランやカフェで食べたら違ったのかな?

2010.08.16 *Mon

コーンウォール旅行(1) ペイントン&ダートマス鉄道

今回も、車旅です。

車が好きだけどすぐ酔うちびっこが持ちこたえられるか、不安を抱えて
ロンドンから約5時間弱かかるイギリス南西部、コーンウォール地方へ
行ってきました。

コーンウォール地方には、エメラルドグリーンの綺麗な海と、イギリス版
モンサンミッシェルと言われている「セント・マイケルズ・マウント」を
はじめとして、多くの観光スポットがあります。

イギリスの人は、普通1週間ほどゆっくり滞在するらしいですが、ちびっこも
いるので、私たちは3泊4日で行ってきました。


食べてすぐ出発すると、食べた物を全部出してしまうゆうくんを考慮して、
10時半に出発。心配の種だったゆうくんは、車に乗って早々に寝てしまい、
中間地点での休憩もすっ飛ばして、帰り寄る予定だったペイントン&ダートマス鉄道
目的地を変更。道もスイスイ進んで、パパも頑張ってくれたおかげで
14時前に到着しました。

ペイントンは、コーンウォール地方ではないのですが、機関車にも乗れて、
車窓から海も見えて、大人も子供も楽しめそうだったので、とても
楽しみだったところ。

機関車は、意外と普通でした。
機関車

気になる車窓は、あいにくの曇り空と私の写真の技術がなくて、
伝わりませんが…とても綺麗でした
車窓(海) 

ちびっこも、機関車に興奮して、海やら牛やら羊やら次々に変わる
景色に大興奮して、本当に楽しそうでした。
[広告] VPS


終着駅は、港町で、お船がいっぱい浮かんでいました。
終着駅

対岸にはダートマスというかわいらしい町がありました。
今回は、時間が無くて、足を踏み入れられず
ダートマス

帰りの機関車では、大人ひとり+£1.5払って、ファーストクラスの
先頭車両に乗ってみました。
機関車ファーストクラス
ちびっこの背丈でも、車窓が楽しめる大きな窓と肘掛付きソファーに
大満足のゆうくん。いい思い出が出来ました。

ペイントンでたっぷり楽しんだ私たちは、恐怖のママの運転で
ホテルへ向かいました。もちろん、ゆうくんは、また車でスヤスヤ
寝てくれました♪


【オマケ動画】
機関車が煙を吐き出し、出発!警笛も鳴らしています♪
[広告] VPS


プロフィール

ぴろまま♪

ぴろまま♪
2010年春から、ロンドンに滞在することになった子育て奮闘中のママ。私生活の細々や息子の通うlocal Nursery、国内・海外旅行のことなどなど、書き綴っていこうと思っています♪



ランキング

ランキングに参加しています~★
ポチっとしてもらえるとうれしいです♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ




お知らせ

日本のパン屋 tetote factory @ Wembleyの内容に情報を追記しました。
2011.11.14







メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
Copyright © ぴろままのひとりごと in London All Rights Reserved.
ランキング集計結果 テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。