--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.11.26 *Sat

3, 4歳児と観れなかった 25周年記念オペラ座の怪人コンサート

最後に、4歳児と一緒には見れなかったコンサートのお話を。


4.25th Anniversary Concert
   "The Phantom of the Opera" @ Royal Albert Hall


年齢制限の記載が全くなかったので、当然観れるだろうと思って予約した
オペラ座の怪人 25周年記念コンサート。
会場に着き、ゆうくんをチラっと見たチケット切のスタッフ。
息子の年齢を聞いて一言。

「アンダー5は厳しくお断りしてるんだ」

一番楽しみにしていたパパが一番肩を落とした瞬間。
普段は強気に出る母も、洗脳が完了していなかったこともあり、
この時ばかりは何も言えませんでした

しかしこのまま引き下がるのは、あまりにもかわいそうなので、
パパだけ観てもらうことにして、残り二人分は全額払い戻してもらいました。

子連れのみなさん、年齢確認は忘れずに…。


場所が場所なだけに、
息子はその間、Science Musiumの"The Garden"エリアで大はしゃぎ!
お水で遊んでバブルショーを堪能した2時間半。疲労困憊した母(笑)
そして、ゆうくんにとっては、結果的に良かったのかなと納得した母。

後日、25th AnniversarのDVDが出たので購入し、家族みんなで見ました。
パパから聞いてはいたけど、中身は本当に「コンサート」ではなくて、
「ミュージカル」でした。狭い舞台をうまく駆使して、よく演じられてて、
スクリーンを通しても美しい歌声。やっぱり見たかったな…と思わずにはいられない。

でも一番おどろいたのは、ゆうくん。

"I am Phantom!"といったのは次の日のこと。
クリスティーンが地下へ連れて行かれたときの歌を私が口ずさむと
"Siiiiiiiiing!!!"と興奮しながら、朝食の箸をとめていました。

まさか、「ファントム」が好きになるとは…
本当に、変わった子だな~と思わずにはいられない母なのでした。

ということで、25th AniverseryのDVD、オペラ座の怪人好きにはオススメです。
アマゾンで買えます→http://www.amazon.co.uk/gp/product/B005M0PJ8Q


Billy Eliotも息子と一緒に見たいところだけど、
炭鉱の町の汚い独特の言葉?が使っているために、年齢制限が設けてあるようで。
Box Officeには一度ダメだと言われたけど、諦めきれないわたし。
4歳児でも行けた!という人がおられましたら、ぜひ教えて下さい☆



さて、
次回は、ミュージカルが大好きな息子にちなんで始めた習い事の話を書ければいいな…




スポンサーサイト

2011.11.25 *Fri

3, 4歳児と観れるミュージカル(3) The Sound of Music

3回目の今日は、The Sound of Musicについて書きたいと思います。


3.The Sound of Musicのマチネ

期間限定で年に1回ロンドンにやってきたミュージカル。
ゆうくんの中で、The Wizard of Ozが大大大・大ヒットしすぎたせいで、
洗脳するのがとても大変でした。
※年に一回は誤情報でした。たまたまロンドン公演にやってきただけだそうで。
次はいつ来るか不明のようです。

CDをかけ流していても、全く口ずさまないゆうくん。
果てには、「The Wizard of Ozは!?」と怒られる母
※ちなみにこのミュージカルCDの質は、音程がズレていたりと正直あまりよくありません。

絵本はどうだ!?と探すと、かさばるPop-Up絵本があることを知り、購入。
歌詞付きで私にもイイワ♪と思っていたら、ゆうくんは拒否・・。
(つまらないのか、ゆうくんはしばらくこの絵本ですぐ寝付いてくれました)

1、2か月がたちようやく少しだけ口ずさむようになり、これではダメだ!!とDVDを購入。
届いてすぐ、最初から最後まで通しで見せてみると・・

真剣に観るゆうくん。
しかし、意外と会話シーンが多くて、途中飽きあきだったゆうくん

次の日、とりあえずSing Alongを見せてみることに。
美しいアルプスの山間から両手を広げ、走って登場するマリア、
サウンド・オブ・ミュージック・ファンなら知らない人はいないこのシーン。

しか~し、始まってすぐ急に走り去る息子不安が募る母…。


がしか~し!!すぐ走りながら、しかも両手を広げて戻ってきて
"I goooo to the Hiiiill~~~!"と大興奮で歌いだしたゆうくん!!


あっさり?


肩透かしを食らった母ですが、今までの苦労はなんだったのと思いながらも
洗脳が完了した瞬間でした。

しかしふつうの子は、Do Re Miの歌やThe Lonely Goatherdが好きだとおもうのですが
息子は導入の歌やSixteen going on Seventeenの方が興奮していて、変わった子だな~
と思わずにはいられない母でした。

さて、長くなりましたが、実際観たミュージカルの感想は、とてもよかったです!
Mother Abbesの深くて芯のある、透き通った歌声に聴き惚れてしまいました。
演技力も抜群で、映画と少し内容が変えられていたのもまた面白かったです。

ファミリー向けのコンサートということで、きっと赤ちゃん連れでも行けますが、
2歳児から料金がかかるようです。
(※旦那が問い合わせてくれた時は、8歳以上と言われましたけどね!!怒)
まぁ、そういうコンサートということもあって、マナーは凄く悪いです。
スナックの袋ガサガサ、ボリボリさせている子もいれば、足をブラブラして
前の椅子をコツコツ蹴る子もいました。でもそれは、仕方のないことで。

機会があれば、また観たいミュージカルの一つです。

The Sound of Music http://www.thesoundofmusiclondon.com/
 ※残念ながら、公演は10月で終わっています。





プロフィール

ぴろまま♪

ぴろまま♪
2010年春から、ロンドンに滞在することになった子育て奮闘中のママ。私生活の細々や息子の通うlocal Nursery、国内・海外旅行のことなどなど、書き綴っていこうと思っています♪



ランキング

ランキングに参加しています~★
ポチっとしてもらえるとうれしいです♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ




お知らせ

日本のパン屋 tetote factory @ Wembleyの内容に情報を追記しました。
2011.11.14







メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
Copyright © ぴろままのひとりごと in London All Rights Reserved.
ランキング集計結果 テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。